おうちのアレコレブログ

おうちのアレコレ

最近、各地で地震が多いですね。”おうち”を建てる上で地盤はとても大事!

最近、各地で地震情報を目にします。
日本は地震大国】です、しかし”おうち”を建てる時に地盤改良を行えば、多少地盤が悪くても大丈夫だと思っていませんか?

地震に強い”おうち”を建てる、耐震性能を凄く気にする人が増えています。しかし”おうち”の構造がどんなに丈夫でも地震に強い”おうち”かと言えば、そうではないです。

一般的に地震に強い(耐震性の高い)”おうち”は、地震の時に逃げる時間を稼げる”おうち”を言います。

『我が家は耐震性能が高いから地震が来ても大丈夫!』
と思っている人!地震がきたら余震が落ち着いた時点でしっかりと安全場所へ避難することをお勧めします。

免振や制振といった地震力を抑える構造の住宅もありますが、コストが高い為、なかなか手が出ないのが実際で、耐震性能を上げた住宅が多いのが現実だと思います。
しかし、直下型地震で下から突き上げる力、余震で横揺れなど想定以上の力が掛かれば崩れることはなくとも、建物が変形しドアや窓が開かなくなり避難できなくなる可能もあります。
どんなに頑丈に造っても人の造るものは自然の力には敵わないと考えている方がリスク回避をできると思います。

地震に強い”おうち”を求めるならまずは地盤の丈夫な場所に建てることをお勧めします。

地盤の良い場所は、地震の際に揺れが少なく”おうち”への負担も少ないのでそもそも揺れにくく、より安全に暮らせると思います。

土地の購入の際に、値段が高いのが利便性が良いと思っている人が多いですが、一般的には地盤の安全性が高い場所ほど地価は高い傾向にあります。

又、土地の形状もとても重要です。傾斜地の途中に建っている”おうち”は、土地の造成時に切り土・盛り土をしている土地が多くその境目はとても地盤が滑りやすく、地震の際に最も被害が出やすい可能性が高くなります。

おうち造りを考えている人の参考になればうれしいです。

地盤サポートマップ↓

supportmap.jp

では…又(^^)/。

家具をプラスして完成する”おうち”!お気に入りの椅子や小物で暮らしを楽しむ。

”おうち”の設計をするときに、プラン図に必ず家具を落とし込みながら描くことがとても大事なポイント!

家具を配置すると、照明の位置やコンセント、暖房器具の配置など、そのおうちの暮らし方、スタイルが見えてきます。

逆に家具の配置をイメージせずに、設計する人のプランからはそのおうちの暮らし方は見えてこない、せっかく注文でおうちを建てるなら自分の暮らし方、スタイルに合ったおうちを建てたいと考えると思います。

おうちのイメージを伝える一つの方法として、好きな家具や小物のイメージを纏めて置くことはとても大事なポイントになります。

最近、自分の好きな家具屋さん
『journal standard Furniture』の提案型住宅が発表されました。


f:id:OuchiDoctor:20200525171522p:plainf:id:OuchiDoctor:20200525171422p:plainf:id:OuchiDoctor:20200525171251p:plain
【journal standard Furniture HPから】


そして提案型住宅・・・
iezoom.jp

建物の構造や性能がしっかりしていることをしっかりと確認した上で、暮らし方までイメージできる、そんな”おうち造り”を提案してくれる建築屋さんに出会えれば最高ですね!

では…又(^^)/。

久し振りに、週末の外出!気になるモデルハウスの見学に行ってみた。

コロナで外出自粛で”おうち時間”を満喫して
いますが、少し落ち着いてきたので・・・。

週末久し振りの外出、気になるモデルハウスの見学を予約して
”おうち訪問”してきました。

f:id:OuchiDoctor:20200525100144j:plainf:id:OuchiDoctor:20200525100200j:plainf:id:OuchiDoctor:20200525100216j:plain
お洒落な造作キッチン

工務店のモデルハウスの一部、
『ダイニング・キッチン』がお洒落なカフェに来たような感覚。

生活感があまり感じられないので個人的には、すごく綺麗好き
な人じゃないと実際の暮らしは大変かも。

しかし暮らし方が多様化している中、おうち時間を楽しく過ごす上ではこのスタイルも”有り”だと感じた。

自分スタイルの暮らし方に合った”おうち造り”の参考まで・・・。

では…又(^^)/。

『省エネ性能の説明義務制度』スタート!省エネ住宅と健康の関係?

令和3年4月より、ついにというかやっとというかは分かりませんが、『省エネ性能の説明義務制度』がスタートします。

住宅を取得する上でとても需要なエネルギー問題ですが、実は割と
アバウトな感じで取り扱われていました。

又、おうちの室内環境にも多大な影響があります。
最近では・・・
省エネ住宅』と『健康』の関係について ↓

http://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=&esrc=s&source=web&cd=4&cad=rja&uact=8&ved=2ahUKEwiZ4cDjk8XpAhXTPXAKHVUkBaUQFjADegQIAhAB&url=http%3A%2F%2Fwww.jsbc.or.jp%2Fdocument%2Ffiles%2F202002_house_health_leaf.pdf&usg=AOvVaw2AhJ89_0JIWctfiYwAADwr

【日本サステナブル建築協会 資料引用】

おうち時間が増えている中で、健康で快適な暮らしを求めるうえで
省エネ性能は重要な役割を持っていると言えます。

しかし、省エネ性能以前に新築住宅で天井裏を覗くと、なんと!断熱材が入っていない⁈

原因はたんなる手配漏れでしたが、その状態で引き渡しが完了して
6か月経過していました、雨漏れ調査の依頼で検査に入ったので、
今回は発覚しましたが・・・。

性能の高い住宅を作るには、『高い施工技術』が要求されます。
遣り方を間違うと、『結露等』の発生原因にも!

断熱・気密施工の完了時又は竣工時に必ず気密測定を実施するとトラブルの防止に繋がります。

個人的には、エネルギー表示を明確にして月々の光熱費がどれ位掛かるのかを分かりやすくして貰えると、住宅ローンを組む際の月々の支払シュミレーションに組み込んで考えれるので、初期投資が高くても省エネ性能の高い住宅が増えていくのではないかと考えますが・・・。

現在、おうちの新築や購入をお考えの人がいましたら、
『まだ義務ではないので』

 ①省エネ性能についてしっかりと確認する。
 ②工程毎の写真提出をお願いしておく。
 ③気密測定を必ず実施する。

これだけはしっかりと確認してください。
充実したおうち時間を過ごせるよう少しでもお役に立てれば
と思います。

では…又(^^)/。

ドローンでの撮影風景を見学!進化が凄い。一家に一台そんな時代なのかも。

先日、知り合いの板金屋の社長が屋根の調査に『ドローン』を活用していると聞き、調査風景を見学。

昨年、岐阜で橋梁調査(橋のコンクリート劣化調査)を赤外線カメラを搭載したドローンによる調査実験を見学させて頂いたが、やはりまだまだハードルが高いイメージが強くコストも高いので、諦めていた。

しかし今回見せて頂いた『ドローン』!
小型軽量なDJIの『MAVIC MINI』コンパクトで正直ぱっと見は玩具のよう。

でも、飛行すると物凄く安定して画像も素晴らしく綺麗で感動!
199gに抑えられていることで、日本の多くの場所では規制対象外となるのも良い。(※民法等の規制は掛かるかも・・)

www.dji.com

f:id:OuchiDoctor:20200520235041j:plain
MAVIC MINI

f:id:OuchiDoctor:20200520235021j:plain
画像が綺麗!

仕事用に検討していたが、個人的に欲しくなってしまったので
自分用に購入しようと思います♪

おうち時間” 休日は子供たちと動画でも取って遊ぼうかな・・・(笑)

では…又(^^)/。

知っていますか?120年振りの『民法改正』について!

住宅・建築業界のトラブル事例の中でよく聞くのが『言った・言わない』の口約束によるものです。

特にリフォーム工事の『請負契約』の際に、具体的な内容を確認せずに工事を依頼し工事が完了してからイメージが違う等のトラブルに発展するケースが多々あります。

f:id:OuchiDoctor:20200519011547p:plain
民法改正の概要

f:id:OuchiDoctor:20200519004512p:plain
『契約不適合』の類型

施主の希望=工事内容ではない!
要望を理解した上で「可否」の判断を含めた「目的を明確にする」ことから提案してもらう。

現在、リフォーム依頼があると、

現地確認→見積→施工→お引渡しが一般的です、これを人に置き換えると、

調子悪い→問診→手術→退院?。
通常は検査→『診断及びカンファレンス』の上、
説明して同意後(リスク説明)手術をするのが一般的で、住宅業界にも同様の対応が求められると思われます。

『住宅調査、診断』=『インスペクション※第三者建築士の診断
の活用などが有効!

担当者(知識・技術)の格差によって診断が変わらないように、プロとしての専門的な診断結果に基づく説明をしっかり
してくれる『建築会社』を選択する、依頼する側の意識が変わらないと
建築トラブルはなくならない。

オンラインやマッチングサイトなど新たな『建築会社』の選択の手段が増えていく中で『住宅業界の非常識』を考える時期に来ていると言えるのでは・・・。

では…又(^^)/。

リフォームで失敗しやすい!?7つの業者選択の理由。

最近のリフォームトラブルの相談を聞いて思うことは、リフォームを依頼している人達が、最後は"自己責任”だと言うことを理解していない人が、多過ぎます。

 

自分達は素人で相手はプロなんだから、任せていればいいと内容をしっかり確認せずに契約してしまい、後からこんなはずでは無かったなど。

 

しかし、考えて欲しいのは何百万ものお金を払うのに、納得も理解もしていないのに一か八かで契約する物など、本当にあるのか!

 

皆さん、洋服や車🚘などのお買い物をする時、

値段が高いほど凄く悩んで、情報を集めて値があるか自分なりに納得して初めて購入しているのでは、凄くお金持ち💰で有れば衝動買する人もいるでしょうが…。

 

しかし、とても高価な買い物であるはずの、住宅の購入やリフォームは何故か、難しいからと諦めて、結果一か八かで決めてしまう(TT)

 

【こんな理由で事業者選び、してませんか?】

 失敗が多い7つの理由!

・担当がいい人そうだから。

・希望の予算内で出来るって言ってくれた。

・HPの事例がお洒落,

・近所で頼みやすいから。

・大きな会社だから安心。

・チラシが入ってきてお得。

・マッチングサイトの評価が高い。

 

どんな買い物でも最後は"自己責任”です。

自分達の目的、希望をしっかりと伝えた上でわかりやすく丁寧に自信持って真摯に対応してくれるか、

技術的なことや幅広い知識を持っているか、

建築士の免許が有れば良い、とはいいませんが

設計や現場経験がなるべく豊富な人を選ぶ。

 

2020年4月から何年振に民法改正]が発表されました。

"契約不適合”が新たに名文かされ、より建築業者さんにはプロ責任が明確になる!?

 

次回は【民法改正】について技術家目線で書いみたいと思います。

 

もし、困ったら住宅相談は↓

https://www.hokkaido-ksc.or.jp/index.php?id=59

 

 

では…又(^^)。